×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年退職のプレゼント

定年退職後の暮らし方

定年退職後の暮らし方について。定年は平均60歳くらいでしょうか。早いところでは55歳、おそいところでは65歳、また定年はないに等しいような職業も中にはあるようです。いずれにしても、健康な方の60歳というのは、まだまだ働くことが可能な年齢です。

 

ですから、定年を迎えたなら、まずは定年後、どうするかを前もって決めておかなければなりません。もちろん、年金をもらいそれなりの暮らしをするのも良いでしょう。しかし現代では何をするにもお金がかかります。たとえば趣味のゴルフを、会社を辞めたら思う存分できると思っていても、やはり高い費用が必要になってきます。厳しい世の中になったもんですね。もしか働く意思があるのなら、今まで長年してきた仕事の知識や技術、経験を生かした仕事を探してみるのもよいでしょう。

 

また、区切りとして退職し、あらためて職託として同じ会社で仕事を続けるのもよいでしょう。ただし、会社の規定により給料は下がりますが、1週間毎日出勤するのではなく、半分くらいに減らし、年金をもらいながら、今までできなかった趣味などに当てることもできるのではないでしょうか。定年退職後の暮らし方については、退職の日がくるまでに今後の計画をきちんと立てておきましょう。

定年退職後の暮らし方関連エントリー


アンチエイジング